加古川市の出張撮影サービス『ちいさな写真屋さん(増田兄弟)』

銀色パッケージとボトルの撮影のポイントとは

 

 

【銀色のパッケージへの対応】

銀色のアルミのような袋の場合、

表面が鏡のようなものですから、

まわりにあるものがみな写ってしまいます。

 

そんな場合の、簡単な対処方法はふたつあります。

 

① 白い布で被ってしまう

商品全体を白い布で被ってしまうと、それがパッケージ
全体に写るため、部分的に点々と光って見えることがなく
なります。

ただ、パッケージ全体が、ぼんやりと白い感じになり、
「無光沢」に見えてしまい、誤解を与えることもあります
ので注意してください。

 

② 白いレフ板を写し込む

まあ、これが一番簡単でしょう。

白いレフ板を使って、

その白を商品に写し込むようにします。

両脇に立てたり、離したり近づけたり、

レフ板の位置を変えることで、

商品の白く見える部分が調整できます。

 

品のデザインや置き方が変わることによって、

レフ板の位置も変える必要があるので、

決まったパターンのようなものはありませんが、

実際に試してみると、すぐにコツがつかめるはずです。

銀色の商品をきれいに写すためには、

最終的には手間との戦いになります。

まだまだ工夫の余地はあるし、

大きな面積を持った撮影用の照明を使えば、

もっと簡単に美しい結果が得られます。

 

でも、「銀色のパッケージに入っています」というの

伝えることが目的の画像だとするなら

“それなり”の結果で良しとしてしまうことを、あえて提案します。

 

そしてその分、中身を見せる画像に、

エネルギーを注いだほうが得策と思えるからです。


売上の一部を東日本大震災義援金に寄付させていただいております。
「Pakupaku park ーぱくぱくパークー」を応援しております。

サンテレビで取材されました!
SGGsに取り組んでおります。