加古川市の出張撮影サービス『ちいさな写真屋さん(増田兄弟)』

ボトルの撮影方法とは?【フード・ドリンク】

 

 

フード・ドリンクボトルの撮影

 

ワインやドリンクのボトルを撮影する場合、

基本のセッティングといえる、ふたつのパターンがあります。

 

それには撮影用の照明が必要になるのですが、

照明さえ使えば簡単に、プロが撮ったような

イメージの画像を写せるということでもあります。

ボトルを撮影したときに、シロートっぽく見えてしまう最大の原因は、

天井の照明などが点々と写ってしまう「写り込み」の汚さによるものです。

 

状況によっては窓なども写って、

何とも生々しい印象になってしまうのです。

ここまで、「天井の蛍光灯で大丈夫」と書いてきましたが、

ンなどのボトルに関して言えば、

撮影用の照明を使うだけで、

プロのような画像が想像以上に簡単に撮影できてしまうので、
検討してみるのも良いかと思います。

 

これが素人っぽく見えてしま最大の要因です。


さて、どうすれば美しく見える画像にできるかですが、

ボトルや缶の側面に沿った、きれいな写り込みを作ることです。

 

の写り込みにより、ボトルの光沢感と形状を、

より良いイメージで伝えることができるのです。

 

プロが撮った画像のほとんどは、

このような結果になっています。

 

また、テカって見えるのが気に入らないからと、

商品を白い布などで被ってしまうようなセッティングをするとどうなるか。

 

その結果は、全体に光沢が感じられない、

どことなく不自然で安っぽい印象になってしまいます。

これならば、わたしとしては、点々とした写り込みであっても、

天井の蛍光灯などでそのまま写したほうが、

よほど自然な印象で見えるのではないかと思います。


売上の一部を東日本大震災義援金に寄付させていただいております。
「Pakupaku park ーぱくぱくパークー」を応援しております。

サンテレビで取材されました!
SGGsに取り組んでおります。