加古川で写真(出張)撮影なら 『ちいさな写真屋さん』

大口径レンズの「口径食」は絞り込んで防ぐ。

 

 

▪︎ 画面周辺に点光源を配置しない。

▪︎ 絞り込むと口径食が目立たなくなる。

 

点光源がラグビーボール状になる現象

 

50mm F1.4や85mm F1.4などのいわゆる大口径レンズを使うと、

点光源がきれいな丸ではなくラグビーボールのような形になることがある。

 

その現象を口径食と言う。

 

口径食が起こると、レンズ周辺で起こる現象のため、

レンズ中央部では影響が少ない。

 

次に、絞りを絞ることであったとしても、

絞りこむことで口径食を目立たなくさせることができる。

 

もしレンズ周辺に点光源があったとしても、

絞り込むことでラグビーボール状からきれいな丸になる。

 

ボケ量を優先するなら、

玉ボケがレンズ中央付近にくるよう構図を微調整し、

構図を変えられない場合は、

開放から1段だけ絞って目立たなくしよう。