加古川で写真(出張)撮影なら 『ちいさな写真屋さん』

バルブ撮影で雲の躍動感を表現する

▪︎ 長秒露光で動く被写体の軌跡を捉える

▪︎ バルブ撮影時は三脚とレリーズを必ず使用する

 

 

長秒露光で被写体の軌跡を撮る

 

絶え間なく流れる雲。

シャッタースピードを遅くすれば、

流れる雲の様子を軌跡として捉えられる。

しかしデジタルカメラのシャッタースピードは、

どんなに遅く設定しても約30秒が限界。

この程度では、軌跡が広がらず迫力に欠ける。

1分を超える程度までシャッタースピードを遅くして、

迫力ある軌跡を写すには、バルブ撮影をしよう。

 

 

バルブ撮影ではブレと露出に注意

 

バルブ撮影とは、シャッターを押している間

ずっとシャッターが開いた状態になり、

露出し続ける撮影方法のこと。

使用するカメラによって設定が異なるが、

撮影モードのマニュアルモード、

シャッタースピード優先モードから設定できる。

 

この時、ブレを防ぐために三脚と

レリーズを必ず使用する。

 

また、日中のバルブ撮影は露出が

オーバーになりやすいため、

NDフィルターを使い、

光の量を減らして、

画面が真っ白になるのを防ごう。