加古川で写真(出張)撮影なら 『ちいさな写真屋さん』

望遠レンズで動き回る動物を逃さず捉える撮影テクニックとは??

 

 望遠レンズで動き回る動物を逃さず捉える♫

 

□ 警戒心の強い動物は離れた場所から望遠レンズで狙う

□ 片方の目はファインダー、もう一方の目で被写体の動きを見る

 

 

■ 警戒心の強い動物の自然な姿や表情を望遠レンズで狙う

 

警戒心の強い動物の自然な姿は、離れた場所から望遠レンズで撮影 しよう。

300mm相当のレンズであれば、たいていの動物園で被写体を大きく写せる。

しかし、警戒心の強い動物は頻繁に動くため、望遠レ ンズだからといって簡単に写真に収めることはできない。

決定的瞬間を収めるには、動物の動きに合わせてレンズを動かす必要がある。

 

 

■ 片目はファインダー、もう片方の目は被写体の動きを見る

 

しかし、望遠レンズの画角は狭いため被写体が少しでも動くと追い きれなくなってしまう。

望遠レンズを使って不規則に動き回る被写体 を撮影するには、両目を開けておくことが重要だ。

片目はファインダー をのぞき、もう一方の目は被写体の動きを瞬時に読み取るために使う。

 

最初は撮影しづらいが、慣れれば動物以外にも応用できるようになる。

 

 

サルは警戒心が強くなかなか撮影しづらい。

回りに人のいないタイミ ングで、遠くから撮影することでいい表情が撮れる。

 

 

■ 一脚で疲労防止するには?

 

頻繁に動き回る動物の姿を、望遠レンズで被写体を追い続けながら撮影するとなると、

レンズを手でずっと支えておく必要があるため、腕に疲労が溜まりやすい。

 

そんな時に、 脚を使用すれば撮影が楽になる。不要なブレも軽減できるので一石二鳥だ。 

 

 

売上の一部を東日本大震災義援金に寄付させていただいております。
サンテレビで取材されました!