加古川で写真(出張)撮影なら 『ちいさな写真屋さん』

夜景に光跡を描いて華やかに

 

■ 被写体が何秒でどこまで進むか把握してシャッタースピードを決める

■ ストロボを使用すれば、被写体と光跡の両方を写すことができる

 

 

被写体のスピードを把握してシャッタースピードを設定

 

夜景と一緒に、車や電車などのライトが付いている動体を長秒露出すると、

その光跡を写真に収められる。

 

ポイントは、被写体が何秒でどこまで進むかを把握して、

その時間をシャッタースピードとして設定すること。

 

カメラの前をたくさんの車が通過するシーンを狙うと、

光跡の量が増えてかっこよく仕上がる。

 

 

 

ストロボを使って被写体と光跡の両方を写す

 

基本的には光跡しか写らないが、

ストロボを使用すれば乗り物と光跡の両方を写すこともできる。

 

ただ、電車や車のように被写体が大きくなると、

カメラ内臓のストロボでは光量が足りず、くっきりとは写らない。

 

しかし、外付けストロボを装着しフル発光させれば、

被写体との距離が約2,3mなら、被写体をくっきり写すことができる。

 

ストロボが光るのは一瞬なので、光跡に影響はない。