加古川で写真(出張)撮影なら 『ちいさな写真屋さん』

3分割法とレイルマン構図を知りましょう

3bunkatsu

 

画面内に主題を置く位置の目安として一般的によく用いられるのは「3分割法」と呼ばれる考え方です。

 

これは画面の長辺と短辺をそれぞれ3分割する線を引き、その交差点に主題を置くという考え方です。

 

「3分割法」だとすこし主題が中心に近すぎると感じる時は、「レイルマン構図」という構図もオススメです。

 

これは、画面を縦に4分割する線と対角線との交点から、中心をのぞいた4点のどれかに、主題を置くという考え方です。

 

 

reiruman

 

 

とりあえず両方試してみよう

 

実際に同じ風景を、「3分割法」と「レイルマン構図で撮り比べてみましょう。

 

構図は個人のバランス感覚が大きく関係するので、あくまでも個人的な意見になりますが、ここでは「3分割法」だと列車が画面中央に寄り過ぎている感じがして、「レイルマン構図」のほうがしっくりきます。

 

反対に人物などを大きく写す場合には、3分割法のほうがしっくりくる場合もありますので、どちらの考え方が正しいというものではありません。

 

 

結論からいえば、このときはこれ!という明確な線引きは難しく、どちらを当てはめたらいいかを悩むのは意味のないことです。

 

とりあえず両方試してみて、いいと感じるほうを選んで構図をつくりましょう。

 

ただしどちらの場合も絶対にこの4点のポイントに主題を置かなければいけないというものではなく、あくまでも目安程度に考えてください。