加古川で写真(出張)撮影なら 『ちいさな写真屋さん』

被写体深度と放射構図で路地の奥行きを表現

 

■   パンフォーカスで両端に建物を入れる

 

■   望遠レンズ+放射構図で奥行きを想像させる

 

路地全体の雰囲気をパンフォーカスで表現

 

路地全体の雰囲気を表現するなら、

パンフォーカスで撮影しよう。

 

隅々までくっきり写るため、

路地の様子が伝わる写真になる。

 

広角レンズならF5.6、標準レンズなら

F8程度でパンフォーカスになる。

 

両端に建物を入れると路地の奥と

手前の遠近感が強調され、

より奥行きが出る。

 

縦位置で人や車を一緒に写せば、

建物の大きさも伝えられる。

 

 

被写体を際立たせながら背景ボケで奥行きを出す

 

路地の雰囲気を出しつつ、

通行人や看板、装飾を際立たせたい時は、

奥に吸い込まれて行くような「放射構図」を意識し、

望遠系のレンズで背景をぼかそう。

 

被写体に立体感を持たせながら、

背景のボケで路地の奥行きを想像させることができる。

 

この奥行きを表現は、

シャッタースピードを稼ぐために

絞り開放で撮影しなかればいけない状況下で重宝する。