加古川で写真(出張)撮影なら 『ちいさな写真屋さん』

被写体ブレでそよ風を表現する

▪︎ 意図的に被写体ブレを起こし、風を表現する

▪︎ シャッタースピードは1/20〜1/2秒を目安に設定する

 

 

被写体のブレで見えない風を表現する

 

写真で目に見えない風を

表現するにはどうしたらいいだろうか。

 

動画と違い、時間の流れや音を

表現できない写真の場合は、

シャッタースピードを低速にして意図的に被写体ブレを発生させることで、

目に見えない風を表現できる。

 

花や葉、木々がぶれていることで、

風が吹いていることを伝えられるのだ。

 

 

ぶれすぎないように注意し、目安は1/20〜1/2秒

 

しかし、単に被写体をぶらせば、

風を表現できるわけではない。

 

長秒露光にしすぎると、

被写体がぶれすぎて消えてしまう。

 

シャッタースピードは1/20〜1/2秒

目安に設定するといい。

 

ブレが大きすぎても小さすぎても

伝わりづらいので、被写体と風速に合った

最適なシャッタースピードを、

テスト撮影してあらかじめ決めておこう。