加古川で写真(出張)撮影なら 『ちいさな写真屋さん』

被写体のブレを使って人物の躍動感を引き出す

 

■ 動感表現に被写体ブレを活用する

■ シャッタースピードの目安は1/60〜1/15秒

 

被写体ブレで動感表現

 

ぶれた写真は失敗と思われがちだが、

被写体ブレは有効活用できる。

 

例えば、人物写真に躍動感を出すのに、

被写体ブレは欠かせない要素だ。

 

やや遅めのシャッタースピードで、

人物の動いている部分だけをぶらしてみよう。

 

はしゃぎ回る子供や、ジャグリング中の

大道芸人、ドラマーの手さばきなどを、

臨場感たっぷりに表現できる。

 

 

イメージに合わせてブレ幅を調整

 

シャッタースピードが速すぎると被写体は静止し、

遅すぎると手ブレが起こってしまう。

 

じじゃれている子供は1/60〜1/15秒くらいがオススメ。

 

動きが速いドラマーや、ジャグリング中の

大道芸人などは、1/60秒を目安に撮影しよう。

 

撮影前に一度テスト撮影を行い

ブレ具合を確認しておこう。

 

この時、手ブレするとかっこ悪いので、

手ブレ補正を搭載しているカメラやレンズなら、

手ブレ補正をONにしておき、手ブレを防ごう。