加古川で写真(出張)撮影なら 『ちいさな写真屋さん』

街中の人や車をぶらして臨場感を出す 【 被写体ブレ / 長秒露光 / NDフィルター 】

 

■ 1/20秒~1秒のシャッタースピードで被写体をぶらす

■ 1分以上の長秒露光で昼間の街中から人や車を消す

 

1/20秒~1秒のシャッタースビードで動感表現

 

たくさんの人が集まる駅や広場などで、

動いている人の姿だけをぶらすと、 街の賑わいや臨場感を表現できる。

 

長秒露光すると被写体が消えてしまうので、

ほどよいプレを起こすには、 1/20秒~1秒程度が最適だろう。

 

1/20秒では人の形をはっきり残しつつぶれて、1秒では残像のようになる。

 

 

1分以上の長秒露光で車や人を消す

 

シャッタースピードを長秒にすると疂間の交通量の多い街中でも、

車や人を街中から消し、ゴーストタウンのような雰囲気を表現できる。

 

夜の場合、長秒露光すると車のライトの軌跡が写ってしまうが、

昼間であれば明るい光源もないためきれいに消える。

 

交通量にもよるが、1分以上は露光しよう。

露光時間が長いほど動体を消すことができる。

 

昼間は絞りを絞ってもシャッタースピードを

思い通りに落とせない場合があるので、

そんな時はNDフィルターを使ってみよう。

 

もちろん三脚でカメラを固定し、 レリーズを使うことも忘れずに。

 

売上の一部を東日本大震災義援金に寄付させていただいております。
サンテレビで取材されました!