加古川で写真(出張)撮影なら 『ちいさな写真屋さん』

背景をぼかして余計なものを整理する

 

 

■   35〜50mmのレンズを絞り開放にして背景をぼかす

 

■   被写体との距離を詰めて不要な要素を排除する

 

 

人混みや路上のゴミなど余計なものを整理する

 

街スナップで重要なことは、

余計なものを整理すること。

 

背景の人混みや道に落ちているゴミは、

被写体の美しさを台無しにするため見せたくない。

 

かといって、メインの被写体だけを

望遠レンズなどで撮影しては、

ポートレートのようになり、

街の雰囲気を表現しづらい。

 

 

ぼかす+要素を画面から外す

 

そんな時は、35mmや50mmの明るい単焦点レンズを使って、

絞り開放付近で撮影することで、被写体の背景をぼかし

余計な要素を隠すことができる。

 

人間の見た目に近い臨場感のある画角なので、

街の雰囲気もよく表現できる。

 

また、被写体との距離をできるだけ詰めて、

周囲の不要な要素を排除して撮影すれば

安定感のある街スナップになる。

 

 

街スナップの定番「28mm+F5.6」の落とし穴

 

街スナップといえば28mmくらいのレンズを装着し、

絞りF5.6くらいで撮影するのが定番だ。

 

しかし、この組み合わせだと、

被写体深度が深いため、

ピントが1mから無限遠まで合う

「パンフォーカス」になりやすく、

市場や屋台街、都会の人口密度の高い場所など

ごちゃごちゃしたところで撮影すると、

すべてにピントが合ってしまい、

主題が何なのか定かではなくなってしまう。

 

上記のような場所では35mmや50mmのレンズがオススメだ。