加古川で写真(出張)撮影なら 『ちいさな写真屋さん』

背景をぶらす流し撮りで動感を表現

▪︎ 背景のみをぶらして乗り物の動感を表現する

▪︎ 1/20秒以下など手ブレしない限界までシャッタースピードを落とす

 

 

被写体のスピードに合わせてカメラを振る

 

乗り物の動感を表現するには

流し撮りが有効だ。

 

流し撮りとは、動く被写体をスローシャッターで追いながら撮影する方法。

 

ファインダー内の1点に被写体を固定しながら、

被写体のスピードに合わせてカメラを振ることで、

背景のみをぶらすことができ、動感を表現できる。

 

タイミングがずれるとただのぶれた写真になるので注意しよう。

 

 

手ブレしない限界までシャッタースピードを落とす

 

撮影のポイントは、撮影モードを

シャッタースピード優先またはマニュアルに設定し、

シャッタースピードを手ブレしない限界まで落とすこと。

 

動体のスピードにもよるが、

1/20秒以下が望ましい。

 

シャッタースピードを速くすればするほど

背景が止まるため動感は失われていく。

 

また、どうしても手ブレするバ場合は、

三脚に固定しパン(左右に振る)するのもオススメだ。