加古川で写真(出張)撮影なら 『ちいさな写真屋さん』

絞り開放+望遠で動物園の柵を消す

 

■   望遠レンズで絞りを開放にして柵を大きくぼかす

 

■   レンズをギリギリまで柵に近づける

 

 

絞り開放+望遠の合わせ技で撮る

 

動物園の柵は、被写体深度を上手く使うことで消すことができる。

 

コツは2つ。

 

絞りは開放付近に設定することと、

望遠レンズのような焦点距離の長いレンズを使用すること。

 

それにより柵が大きくぼけて、

消えたように感じる。

 

檻の中の人工物もぼけることで、

いかにも動物園で撮ったような印象も薄れる。

 

 

柵と自分の距離にも注意する

 

いくら絞りを開放付近に設定して、

望遠レンズを使用しても、

柵から離れて撮影してしまうと柵は写り込んでしまう。

 

また、太い柵や柵が交わっている部分は

ボケても柵が目立ちやすいので注意しよう。

 

 

ガラス越しではレンズフードを外して密着

 

動物園の中には柵ではなくガラス張りの場所もある。

 

ガラスは背景の景色や太陽が反射するため

意外と撮影しづらい。

 

ガラス越しに撮影する場合は、

レンズフードを外し、

ガラスにレンズがぴったりとつくように撮影すると余分な

反射を防ぐことができる。