加古川で写真(出張)撮影なら 『ちいさな写真屋さん』

絞り開放でかわいいパーツを強調する

 

■   ピントが合っている部分以外をぼかしパーツを強調する

■   斜め横から顔を撮影する時は、近い方の目にピントを合わせる

 

絞り開放でパーツを強調

 

ペットの鼻や目を撮影する時は、

標準ズームレンズでは40〜50cmまでしか近づけないため、

マクロレンズを使用しよう。

 

絞りを開放にしてピントが合っている

部分以外をぼかせばパーツを強調できる。

 

ただし、 F1.4などの単焦点レンズを使う場合は、

被写界深度が浅すぎると何が

写っているか分からなくなるため、

F2〜2.8程度までは絞ろう。

 

 

斜め横から撮る時は、手前の目にピントを合わせる

 

ピント位置は強調したい部分に合わせるのが基本だ。

 

顔を撮影する時は、表情の基本となるパーツである

目にピントを合わせるのが原則だ。

 

しかし、斜め横から撮影する時は、

右目と左目のどちらにピントを合わせるべきか悩むはずだ。

 

そんな時は、手間の目に合わせると

被写体の目力を強調でき、

表情も引き締まる。

 

また、目だけのクローズアップでは瞳の奥の黒目に、

鼻の場合は撮影者に近いほうにピントを合わせよう。

 

 

顔だけでなく肉球やしっぽも

 

かわいい顔を撮影するのもいいが、

肉球やしっぽ、耳などパーツを撮って、

ペットとの思い出をたくさん残そう。

 

撮影する際は絞り開放にして

柔らかいイメージで撮影するといい。