加古川で写真(出張)撮影なら 『ちいさな写真屋さん』

波や水しぶきの粒感をシャープに写す(シャープに写すには最低でも1/500秒/水しぶきの一滴一滴を写し止める)

▪︎ 広角で撮る場合は1/500秒以下でシャープに

▪︎ 寄りで撮る場合は1/4000秒以下に

 

 

 

シャープに写すには最低でも1/500秒

 

迫力ある波を止めるには、

シャッタースピードが鍵となる。

 

広角で撮る場合、シャープなイメージにするために1/500秒はほしい。

その際、F8〜11くらいまで絞るのも重要だ。

 

波のつぶつぶ感をしっかりと描写でき、

よりシャープに仕上がる。

 

F値を上げたことで十分なシャッタースピードが

得られない場合、ISO感度を上げよう。

 

 

水しぶきの一滴一滴を写し止める

 

迫力を求めて、寄りで水しぶきを撮影する場合、

シャッタースピードは1/4000秒はほしい。

 

それ以下になると、水しぶきのブレが目立ってしまう。

 

カメラのキットレンズのような開放F値の大きい

ズームレンズだと、日中でもなかなか

得られないシャッタースピードだが、

ISO感度を1600程度に設定すると、

水しぶきの一滴一滴を止めることができる。