加古川で写真(出張)撮影なら 『ちいさな写真屋さん』

標準レンズはフットワークがカギ【背景を活かした撮影や子供の撮影には標準レンズ】【足を使った撮影距離調整で標準レンズを使いこなす】

 

 

写真屋さんがお伝えする「写真撮影テクニック」♪♪

増田兄弟がやっている市内出張費無料
加古川の写真屋こと「ちいさな写真屋さん」のまっすんです。

今回は、

【背景を活かした撮影や子供の撮影には標準レンズ】
【足を使った撮影距離調整で標準レンズを使いこなす】

について♪♪

【背景を活かした撮影や子供の撮影には標準レンズ】

人間が集中している時の
視野に近いのが50mm付近の
画角と言われている。

この画角を持つレンズは
標準レンズと呼ばれ、
ポートレート撮影などでよく使われる。

標準レンズは中望遠レンズほど
画角が狭くないため、
背景を活かした撮影がしやすい。

被写体に50cmくらいまで
寄れるため、撮影距離も調整しやすい。

子供の撮影にも重宝する。

【足を使った撮影距離調整で標準レンズを使いこなす】

このレンズを使いこなすには、
とにかく足を使って撮影距離を
調整することだ。

被写体から離れることで、
広角的な使い方ができ、
寄ることで望遠的な使い方ができるので、
撮影距離を意識しながら撮影すると
イメージ通りの写真になるはずだ。

また、絞りも撮影距離によって調整しよう。

被写体との距離が近い時は
F2.8〜5.6くらいまで絞って
背景のボケ具合を調整し、
少し遠い時は開放付近でボケを調整しよう。

—————————————————————-
◆ 一眼レフを買ったのにオート設定しか使えない…
—————————————————————-

あなたはなぜ、一眼レフカメラを買ったのでしょう?

「目の前の風景を一眼レフでキレイに残したい。」

「子供の頑張る瞬間をスマホじゃなく、もっとキレイな写真で残したい。」

「鳥や車など、動きの速いものも一眼レフなら上手に撮れるだろうな。」

などなど、色々な思いで、奮発して一眼レフカメラを買ったのではないでしょうか。

一眼レフカメラの良いところは、色々な設定で、撮りたい写真が撮れること。

風景を実際よりも迫力満点に撮影できたり。
子供の頑張る姿を遠くからでもズームして大きく撮影できたり。
動きの速いものを止まっているかのように撮影できたり。

ですが、実際は、
「そんな撮り方、どうすればいいの?」
という悩みを抱えていらっしゃる方も多いようです。

そんな方に、ぜひご覧頂きたいものがあります。

⇒ 【 一眼レフを買ったのにオート設定しか使えない…方へ 】

売上の一部を東日本大震災義援金に寄付させていただいております。
サンテレビで取材されました!