加古川で写真(出張)撮影なら 『ちいさな写真屋さん』

木洩れ日を使って玉ボケをつくる

 

■ 絞り値が小さくなるほど玉ボケが大きくなる

 

■ 「葉のついた木々」「逆光」「最短撮影距離」の3条件

 

 

絞り値が小さくなるほど玉ボケは大きくなる

 

背景に木洩れ日や水面の煌めき、

イルミネーションなどの点光源があり、

その光がぼけて玉状になることを「玉ボケ」という。

 

玉ボケを画面に入れると幻想的な雰囲気を生み出せる。

絞りを開くほど玉ボケは大きくなる。

 

ボケが大きすぎると背景がうるさくなり、

小さすぎると煌めき感が伝わりづらいので、

イメージに合わせて最適な大きさを選ぼう。

 

1.葉のついた木々 2. 逆光  3.最短撮影距離

 

慣れていない場合は、

玉ボケが起こる状況を判断するのが難しいだろう。

そこで、玉ボケが起こる状況を簡単に見つける方法を紹介しよう。

 

まず、葉のついている木々を探す。

 

次に、逆光になる位置に移動する。

 

そして、レンズのフォーカスリングを最短撮影距離にセットする。

 

この状況で撮影すると大きくボケるはずだが、

そのぼけた部分を確認して玉ボケになっていればOKだ。