加古川で写真(出張)撮影なら 『ちいさな写真屋さん』

日の丸構図になっていませんか?

さて本格的な構図の話をする前に、今まで自分が撮影した写真を見直してみましょう。

ちょっと恥ずかしいのですが、ここでお見せする写真は、以前に私が撮影した写真です。

見事に、犬が画面のど真ん中にきていますね。

しかしこんな「日の丸構図」の欠点は、被写体が真ん中にあることではなく、

そのことにより必要な部分が切られたり、余計なモノまで写りこむことなのです。

それではどうすれば日の丸構図から脱却できるのでしょうか?

 

DSC_0075-600x400

 

被写体を見つめすぎない

 

なぜ初心者は日の丸構図になりがちなのでしょうか?

それはファインダーの真ん中で被写体を見てしまうからです。被写体を撮ろう!という気持ちが強いため、

被写体を見つめすぎてしまい、結果として日の丸構図になってしまうのです。

しかしこれは初心者に限ったことではありません。かなりのベテランの方でも、

動いている被写体をとっさに写すときは、日の丸構図になってしまったという経験がある人も多いでしょう。

 

もうひとつの大きな原因として挙げられるのは、AFでピントを合わせるとき、画面中央のフォーカスポイントでピントを合わせるケースが多いということです。

ピントを合わせるべき被写体に画面中央でピントを合わせれば、日の丸構図になって当たり前なのです。

それを避けるためには、視野を広くしてファインダー内を見渡し、まずは絶対に画面の真ん中に被写体を置かない!と決めて撮影してみるのも効果的です。

 

 

 

【 ワンポイント 】

 

止まっている被写体は、中央のフォーカスポイントでピントを合わせ、

画面の写したい位置にずらして撮影する方が早いのですが、動体撮影の場合は、

あらかじめ被写体を写したい位置のフォーカスポイントを選択し、そこでピントを合わせるほうが、

日の丸構図になりにくくオススメです。