加古川で写真(出張)撮影なら 『ちいさな写真屋さん』

大きな前ボケで柔らかさを強調する

 

■ ボケで柔らかい雰囲気を強調する

 

■ 前ボケをつくる時は絞り開放付近でできるだけ被写体に近づく

 

 

ボケで被写体のかわいさを引き出す

 

ペットの可愛さを引き立てるには、

前ボケを使おう。

 

前ボケにより毛並みの柔らかさを強調できる上、

ペットの寝顔など印象的な表情を際立たせる。

 

前ボケの分量は、画面の3分の1〜2分の1がベスト。

 

画面に対するボケ量が多い方が、

柔らかさを強調できて、

可愛さを引き出せるので、

思い切り被写体に近づいて撮影してみよう。

 

 

毛がふさふさした部分が前ボケ向き

 

35〜50mmのレンズを使用する場合は、

5〜10cm、100〜200mmの望遠レンズを

使用する場合は30cmくらいまで

前ボケの要素に近づき、

絞り開放付近で撮ると、

大きなボケを得られる。

 

ペットの足や手、

しっぽなどのふさふさした

部分が前ボケに利用しやすい。

 

ペットだけでなく、

赤ちゃんが寝ている子供を

撮影する時にも重宝するワザだ。