加古川で写真(出張)撮影なら 『ちいさな写真屋さん』

夜空に浮かぶ月の表情を鮮明に切り取る

▪︎ 1/125秒のシャッタースピードを絞りF8〜10で確保する

▪︎ -1〜2EV露出補正をする

 

 

シャッタースピード1/125秒を、絞りF8〜10で確保する

 

月は1時間に15度動くため、

シャッタースピードが遅いとぼやけて写る。

ブレを防ぐために最低でも1/125秒は必要だ。

 

シャッタースピード優先モードで撮りたいところだが、

月の表情も重要なので、くっきり写すために

絞り優先モードで撮りたいところだが、

月の表情も重要なので、

くっきり写すために絞り優先モードでF8〜10に設定し、

1/125秒を確保する。

 

シャッタースピードが下回る場合は、

ISO感度を上げて対応しよう。

 

 

マイナスの露出補正で月の白飛びを防ぎ、表情をくっきりと

 

月の撮影では露出にも注意が必要だ。

夜空に月のような高輝度の被写体が1点ある状況で、

カメラ任せで撮影すると、カメラは夜空を暗いと判断して、

全体的に露出をあげようとする。

 

その結果、月が白飛びを起こしてしまう。

 

そこで、ヒストグラムを見ながら

白飛びが起きなくなるところまで

マイナス露出補正をしよう。

 

月の表情をくっきりと出すには、

-1〜2EVの補正が目安だ。