加古川で写真(出張)撮影なら 『ちいさな写真屋さん』

夜の市場や屋台は大口径レンズで攻略する

 

▪︎ 夜中に向くレンズは開放F値の小さい単焦点

▪︎ 絞り開放のまま撮影距離で被写界深度を調節

 

 

大きな開放F値を持つレンズで暗すぎるシーンを攻略

 

夜市は意外と撮影しづらい。

 

目には明るく見えても、開放F値の大きいレンズでは、

シャッタースピードが遅くなり明るく写せない。

 

そこで活躍するのが、F1.4などの明るい単焦点レンズ。

 

例えば、開放F値がF4のレンズと比べてF1.4などの

明るい単焦点レンズ。

 

例えば、開放F値がF4のレンズと比べてF1.4のレンズは、

シャッタースピードが3段階速く設定できる。

 

夜市のにぎやかな雰囲気をそのままに撮影できる。

 

 

ピントの合う範囲は撮影距離で調節する

 

夜市を撮影するときは、光が少ないため

シャッタースピードを確保できず手ぶれや被写体ブレを起こしやすい。

 

そのため、絞り開放で撮影することになる。

 

しかし、絞り開放では被写体深度が浅くなってしまうので、

被写界深度は撮影距離で調整しよう。

 

 

暗い場所ではシャッタースピード1/60秒以上に

 

夜の市場など暗い場所での撮影は、

シャッタースピードに気をつけよう。

 

手ぶれや被写体ブレを防ぐのであれば

最低でも1/60秒はほしいところだ。

 

絞り開放にしてもシャッタースピードを

得られない場合は、ISO感度を上げて1/60秒になるように設定しよう。