加古川で写真(出張)撮影なら 『ちいさな写真屋さん』

勢いのある滝の流動感を表現する

▪︎ 白い筋を残すと滝の勢いが表現できる

▪︎ 滝の流れに最適なシャッタースピードは1/4〜1秒

 

 

滝の筋を少し残して流れを強調

 

シャッタースピードを遅くすると水の流れを表現できる。

ただ、遅くしすぎると滝の筋などが消えて白っぽさが強調され、

流れの勢いが失われています。

 

筋を残すことで滝の勢いが出る

また、シャッタースピードが遅すぎると、

滝ではなく、周りの木々なども風でぶれてしまうため、

あまりオススメできない。

 

 

滝の流れは1/4〜1秒で

 

滝撮影で最適なシャッタースピードは、

1/4〜1秒だ。

滝の筋が残り流れの勢いを表現できるほか、

周りの風景もブレが目立ちにくい。

 

ちなみに、絞りを絞るほどシャッタースピードは遅くなるが、

日中の屋外など明るい場所では、

絞り込んでもシャッタースピードを思うように落とせない場合がある。

 

そんな時、NDフィルターを使えば光量を減らせる為、

シャッタースピードを落とすことができる。