加古川で写真(出張)撮影なら 『ちいさな写真屋さん』

動物を画面いっぱいに大胆に切り取り迫力を出す【手ブレに注意して画面いっぱいの大きさで動物を撮る】【画面にできるだけ空間ができないように】

 

写真屋さんがお伝えする「写真撮影テクニック」♪♪

増田兄弟がやっている市内出張費無料
加古川の写真屋こと「ちいさな写真屋さん」のまっすんです。

今回は、

【手ブレに注意して画面いっぱいの大きさで動物を撮る】
【画面にできるだけ空間ができないように】

について♪♪

【手ブレに注意して画面いっぱいの大きさで動物を撮る】

動物園では望遠レンズが役に立つ。

焦点距離が長いほど被写体を大きく写せ、
柵を消すことも可能になる。

画面いっぱいに撮るなら
300mm以上の望遠が理想だ。

撮影時に注意したいのが手ブレ。

手ブレが起きやすくなる。

例えば、焦点距離500mmの場合は、
1/50秒以上が安全だ。

【画面にできるだけ空間ができないように】

動物を撮る時は、
大胆な構図で最大限寄った方が
迫力のある写真になる。

大きさや力強さを強調できる
寄りの撮影に慣れていない場合は、
画面にできるだけ空間ができないように
意識するといい。

無駄な空間があると、
動物の迫力が伝わりづらくなる。

時には動物のは迫力ある
目のアップや顔のアップを
撮影してみるのもいいだろう。

—————————————————————-
◆ 一眼レフを買ったのにオート設定しか使えない…
—————————————————————-

あなたはなぜ、一眼レフカメラを買ったのでしょう?

「目の前の風景を一眼レフでキレイに残したい。」

「子供の頑張る瞬間をスマホじゃなく、もっとキレイな写真で残したい。」

「鳥や車など、動きの速いものも一眼レフなら上手に撮れるだろうな。」

などなど、色々な思いで、奮発して一眼レフカメラを買ったのではないでしょうか。

一眼レフカメラの良いところは、色々な設定で、撮りたい写真が撮れること。

風景を実際よりも迫力満点に撮影できたり。
子供の頑張る姿を遠くからでもズームして大きく撮影できたり。
動きの速いものを止まっているかのように撮影できたり。

ですが、実際は、
「そんな撮り方、どうすればいいの?」
という悩みを抱えていらっしゃる方も多いようです。

そんな方に、ぜひご覧頂きたいものがあります。

⇒ 【 一眼レフを買ったのにオート設定しか使えない…方へ 】

売上の一部を東日本大震災義援金に寄付させていただいております。
サンテレビで取材されました!