加古川で写真(出張)撮影なら 『ちいさな写真屋さん』

前ボケを取り入れて 臨場感や季節感を表現

乗り物写真に前ボケを入れると季節感などを表現できる
前ボケする要素に日光が当たっているときれいにぼける

前ボケの要素に近づき、望遠で思いきりぼかす

飛行機や電車、車などを撮影する際に前ボケを人れることで
季節感や場所の雰囲気を表現できる。

中望遠レンズを使う時は、絞り開放付近、400mm以上の超望遠を使う時は、
ある程度絞っても大きなボケを得られる。

前ボケの要素に距離が近いほど前ボケは大きくなる。

画面3分の1〜2分の1の割合で前ボケを入れると、華やかな印象になる。

日光が当たるときれいな前ボケに

きれいな前ボケをつくるには、
前ボケの要素に日光が当たっている必要がある。

影になっているとボケが汚い印象になる。

撮影場所に前ボケの要素がない時は、
花などを持って行き前ボケとして使うのも手だ。

前ボケの量だが、アクセントして使うならボケ量を多くし、
季節感を出すなら花の形状が分かるようにしよう。

超望遠レンズを使用すると、
撮影者と前ボケの要素が離れていても大きくぼかすことができる。