加古川で写真(出張)撮影なら 『ちいさな写真屋さん』

マクロレンズで昆虫に大きく迫って撮影する方法とは?

 

■ マクロレンズは他のレンズに比べ大きく被写体を撮影できる

■ マクロレンズで昆虫を撮影する時のF値はF11~16

 

 

マクロレンズで昆虫を大きく写す

 

昆虫を大きく撮影するなら、マクロレンズを使おう。

他のレンズに比べ何倍も

被写体を大きく撮影でき、

レンズによっては数cmまで

被写体に寄ることも可能だ。

 

しかし、一気に近づくと

昆虫が逃げてしまうので、

じりじりと距離を縮めていこう。

 

逃げやすい蝶などは

180mmマクロレンズを使って

少し離れた場所から撮影するのも手だ。

 

 

絞りは開放しすぎない

 

マクロ撮影では被写界深度も重要だ。

 

F2.8などの開放F値で撮影すると、

昆虫の目の一部以外はボケボケと

いったことになりかねない。

 

ボケ具合は被写体との距離にも

よるがF11~16くらいにし、

昆虫の形が分かる程度に写すのがいいだろう。

 

ただし、絞ると被写体ブレや

手ブレが起きやすくなるため、

ISO感度を上げてシャッタースピードが遅く

なりすぎないように調整しよう。

 

 

撮影倍率とは

 

撮影倍率とはレンズで写された像の大きさと、

実際の被写体の大きさとの比率のこと。

 

マクロレンズには

等倍と書いてあることが多い。

 

等倍とはセンサーに投影される像の大きさと

被写体の大きさが同じということ。

 

例えば、2cmの昆虫を

最短撮影距離で撮影すると、

センサー上にも2cm

昆虫の像を投影できる。

 

撮影倍率が高ければ高いほど

被写体を大きく撮影できる。

売上の一部を東日本大震災義援金に寄付させていただいております。
サンテレビで取材されました!