加古川で写真(出張)撮影なら 『ちいさな写真屋さん』

ショーウィンドウの映り込みはボケ量がカギ

 

■ 映り込みの割合に注意する

 

■ ピントの位置は何を主題、副題にするかで変わる

 

 

画面に入れる映り込みの割合に注意して構図を決める

 

ショーウィンドウに写り込んだ風景を活かして撮影する時は、

画面に入れる割合に注意して構図を決めよう。

 

主題に対して映り込みの割合が多すぎると、

映り込みが目立ってしまい、主題が目立たなくなってしまう。

 

逆に少なすぎると、アクセントとしては弱く、

何が映っているのかわからなくなる。

 

ピント位置で変わる主題と副題

 

ピント位置をショーウィンドウの中の被写体にすると風景は副題になる。

逆に、ピント位置を映り込んでいる風景にした場合は、

風景が主題、ショーウィンドウの被写体は副題になり、

前ボケのような効果が生まれる。

 

ピント位置は撮影者のイメージに合わせて変えよう。

 

ショーウィンドウ撮影NG例は、

撮影者が映りこんでしまうこと。

 

撮影角度を変えたり、しゃがんだりして 映り込みを回避しよう。